肉体改造のすすめTOP > EDは肉体改造することで治る!?

肉体改造でEDの予防治療になります。

ED治療の方法の中に、肉体改造をすることがあります。

EDと一言で言っても、原因によってEDは器質性ED、心因性ED、混合型ED、薬剤性EDと4種類に分類することができます。

その中の一つであり、加齢とともに増えてくるED――器質性EDは肉体改造をすることで改善することができるのです。

そもそも器質性EDの原因は、加齢に伴う動脈硬化が最も代表的なものです。

動脈硬化になってしまうと、血管が十分に広がらないため血流が悪くなり、結果として海綿体全体へ十分な血液が流れ込まないためEDが起きやすくなります。

また、高血圧、高脂血、高血糖、糖尿病などの生活習慣病や現代病でも血のめぐりが悪くなりEDを引き起こすことが考えられます。

つまり、血行不良だと器質性EDに陥りやすいということです。

血行不良と肉体改造は大きな関係があります。

乱れた食生活や不規則な睡眠時間、文明の利器に頼った運動不足は生活習慣病を招きます。

そして、生活習慣病のほとんどが血流に悪影響を与えるもので、血行不良はその最たるものです。

肉体改造をすることで、その血行不良を改善することができます。

代謝機能の回復、血流の促進、発汗による老廃物の排出

これらすべては生活習慣病でダメになった血行を促進することに大きく作用しますし、どれも肉体改造をすることで見込めることです。

つまり、器質性EDを治すには肉体改造がよく効くということです。

もちろん、肉体改造をしてもEDを改善できないこともあります。

そういったときには専門のクリニックでしっかりと治療しましょう。

最近では、輸入代行により、バイアグラ、レビトアラなどのED治療薬を入手して、ED治療を低コストで行うこともできます。