肉体改造のすすめTOP > 包茎を改善する肉体改造法

包茎を改善する肉体改造方法

包茎状態を改善できる肉体改造法があります。

もちろん、この肉体改造法は亀頭の一部を包皮が覆っている仮性包茎にしか通用せず、保険が適用される真性包茎やカントン包茎はクリニックでの包茎手術を早急に受けることをおすすめします。

仮性包茎の手術は保険が適用されません。

そのため、少しばかり高い費用が必要になることが多く、それを負担と感じて仮性包茎をそのまま放置してしまう人は珍しくありません。

もちろん、クリニック側もそれを知っており、色々なクリニックで色々な割引キャンペーンが行われているので、実際にはそれほど高くないというのが事実ですが、それでも日常生活や性生活にあまり支障をきたさない仮性包茎の改善は放置され気味です。

しかし、仮性とはいえ包茎は包茎。

しっかりと改善することによって、男性器はよりたくましく男らしく見えるようになります。

そして、その仮性包茎は、実はクリニックで手術を受けなくても改善することができます。

その方法とはペニス増大トレーニングをすることです。

それも血行を促進させるペニス増大トレーニングではなく、直接ペニスを伸ばしたり揉みこむトレーニングが、仮性包茎の改善に効く肉体改造法です。

なぜなら、単純にペニスの長さが伸びたり、太さが増すということはそれだけ包皮の中に隠れる面積が少なくなるということであり、包皮が剥けた状態であることが多くなるからです。

つまり、簡単に包皮で覆われないような強くてたくましいペニスになるよう肉体改造をして、結果的に仮性包茎を改善するということです。

注意点としては「いたずらに包皮を傷つけないこと」「包皮を剥いたままにして就寝や休息を取らないこと」「過度の刺激を与えないこと」「長期的なスパンで行い根気よく肉体改造に取り組むこと」の4つです。

包皮を傷つけたり刺激を与えすぎるとペニスが傷んでしまい、病院で治療を行わなければならないという本末転倒な事態を招きますし、包皮を剥いたまま休息や睡眠をとってしまうと包皮の収縮によって亀頭が締め付けられてしまう恐れがあります。

仮に上記のように包皮に傷をつけたり、不安がある方は下記包茎手術治療ガイドで紹介しているクリニックで無料相談を行っているので、参考にしてみてください。

そして、なにより肉体改造というのは短期的に結果が出るものではありません。

思うような結果が出なくても、長期的に肉体改造に励むことが大事です。

以上のことが守れるならば、ペニス増大法は立派な包茎改善の肉体改造法といえますね。